ふしぎーく!

博物館のカエルが語る、民俗系よもやま話

「キ」

こんにちは、デンカです。

今回は実家で起こったエピソードについて漫画にしてみましたよ。

 

 

  

普段、あまり会話には入ってこない父です。なのに要所要所でビシッビシッと突っ込んでくる……。

おまけにどうしてそんな知識を持っているのか?(←妙な話題を振った自分は棚上げ)

 

日本にも伝わっていた「キ」

 

ちなみにこの「キ」という妖怪、中国古代の妖怪事典、『山海経』によると雨を司る神として書かれています。一本足なのはカミナリを表しているから。この皮で太鼓を作って雷獣の骨で叩くと遠くまで響くそうです。

おまけになんと、日本にも伝わってるんです。山梨県の笛吹市に山梨岡神社というのがあり、そこに夔神(きのかみ)という一本足の妖怪の像が祀られているとか。

とはいえ、御開帳は7年に一度、4月4日のみ。次はいつなのか調べたけどよくわからない……(´;ω;`)ウゥゥ  

神像の写真、どこかにないかなぁと探してみたらネット上に何枚か見つけました! 模写するとこんな感じ。

  

f:id:denka-chan:20170822211824p:plain

 

かわいくねぇええ!

不敵に笑うその口元。大きな目に大きな鼻。形はまるで歪なフライドチキン! ……食べたくないけど。

一説には「破損した狛犬」とも言われてるとか。少しはマシになるかと思って狛犬バージョンのキも描いてみましたよ!

 

f:id:denka-chan:20170822220058p:plain

 

……な、なるほど。かわいくないのは相変わらずだけど、破損した狛犬説に1票投じたいところです。